HaLake Magazine

コワーキングスペースHaLakeの技術情報発信サイト!IoT,AR,VRなど最新技術情報をお届け!

nRF52832をST-LINK v2 + PlatformIOで開発する

今回は『ST-LINK v2』と『PlatformIO』を使って『nRF52832』を開発手順をブログにしていきます. 今回ブログにしようとしたきっかけとして、『PlatformIO』で『nRF52832』を『ST-LINK v2』で開発しようとした際プログラムを書き込める様にはなったもののLチカ…

加湿器をロボアームで起動してみよう!

今回は、ロボットのアームでHaLakeの加湿器の電源を特定の時間にオン・オフ管理できるようにしてみようと思います。 ロボアームの制御にはHaLake KitというHaLakeでプログラミング学習用に開発された、ESP8266を使用したボードを使用してWiFi経由で操作でき…

フリスクとESP32で周囲の環境(温湿度 + 気圧)を測る【ハードウェア編】

今回はESP32とBME280で温湿度と気圧を測る装置を、フリスクのケースに収めていこうと思います。 また、今回はESP32から温湿度と気圧の情報をBLEで送信するところまでをやります。 今回の内容は電子工作初心者には少し難しくなっていますので、この記事を読む…

M5Stackで、においセンサー(TGS2450)を使ってみる。(ThingSpeakで見える化編)

前回においセンサー(TGS2450)から取得したデータをM5StackのLCDにグラフ表示をしていきましたが、今回はデータを見える化してくれるサービスの『Thing Speak』にPOSTして見える化をしていきます。 今回主に使用したもの 前回作成したM5Stackとにおいセンサ…

M5Stackで、においセンサー(TGS2450)を使ってみる。(LCDに表示編)

今回は、においセンサー(TGS2450)から取得したデータをM5StackのLCDにグラフ表示をしていきます。 今回主に使用したもの M5Stack 10Ω抵抗 5本 Pch MOSFET 2SJ334(スイッチとして利用) M5StackSideBB(ブレッドボード) M5Stackのピンはそのままだと配線…

ミニ四駆(Nyampass風)をBLEで走らせよう

今回はちょっと変わった見た目のミニ四駆をBLEで走らせたいと思います。 ゴールとしてはラズベリーパイ3BからBLE接続で定時にミニ四駆を前進・後進させることです。 今回主に使用したもの ミニ四駆 BLE nano v1.5(nRF51822) リチウムポリマー電池 400mAh …

HaLake二時間利用者用タイマー(プロトタイプ)

今回は、HaLakeを二時間まで利用するお客様に時間経過をお知らせするタイマー(プロトタイプ)を作成しました。 HaLakeタイマーのプロトタイプ 今回主に使用した物 Arduino Nanoの互換機 10KΩ抵抗2本 リチウムポリマー電池 110mAh リチウムポリマー電池充電…

WinodwsでM5Stack開発環境の構築〜Arduino IDE版〜

こんにちは。 今回は、今話題のM5Stackの開発をWindowsで行うための開発環境を整えていきます。 この記事では開発にArduino IDEを利用する方法を紹介します。 注意:すでにArduino IDEのインストールは済んでいるものとして記事を掲載します。(Arduino IDE 1…