HaLake Magazine

コワーキングスペースHaLakeからの技術情報発信サイトです!IoTからマインクラフトを使ったプログラミング教室、ARやVRなど最新技術情報をお届け!

ニャンパスが運営するコワーキングスペースHaLakeから技術情報発信マガジン@越谷レイクタウン

Laketown.clj#15を開催!

f:id:asukiaaa:20180614114504j:plain

Laketown.cljとは?

Clojureというプログラミング言語の勉強会です。

HaLakeを運営するニャンパス株式会社はClojureを使って自社サービス・受託開発を行っており、Clojureを広げる一環として毎月定期的にこの会を開催しています。

名前にLaketownが含まれるのは、HaLakeがレイクタウン駅の近くにあるためです。

当日は、もくもく会(集まった方が個々に興味のあることに取り組む)という形式で18時まで時間を過ごし、希望される方には、ライトニングトークとして当日の内容を共有してもらいました。

今回参加された方の取り組み内容

今回の参加者は、主催メンバーを含めて8人で、以下のようなテーマを取り組んでいただきました。

ClojureScriptのバグ修正

f:id:asukiaaa:20180614115317j:plain

Clojureに導入された##Nanなどの新しい定数が、ClojureScriptコンパイル時にjsのNaNを扱う部分でエラーになることがあるようです。

それに関する原因を突き止め、修正取り込み依頼をされていました。

修正内容: Compiler emits invalid JS code for NaN/Inf/-Inf if used with CLJ >= 1.9.0-alpha20

働かれている会社内で行われる、ラムダ式勉強会の資料作成

f:id:asukiaaa:20180614115611j:plain

会社内でラムダ式勉強会を開催されている方に、できたばかりの資料を共有して頂きました。

この勉強会を通して関数型プログラミングの考え方を広めつつ、Clojureに興味を持つ人を増やしたいことを語られていました。

slackでデプロイ管理などが出来るボットツールの作成

f:id:asukiaaa:20180614115710j:plain

amazonのdynamodbを使いつつ、GCEで動きながら(?)、slackと連動するという、色々なサービスを利用しているツールのようでした。

ツール: https://github.com/boxp/puppeteer

OpenCV JAVAClojureで読み込み、webカメラで顔検出

f:id:asukiaaa:20180614115811j:plain

以前の会でOpenCVを使えるようにしたcClojureのプロジェクトで、webカメラから画像を取得し、顔認識に取り組まれていました。

プロジェクト: clj-opencv-videocapture-example

Clojureドキュメントの日本語化対応

f:id:asukiaaa:20180614115915j:plain

前回に引き続き、本家ドキュメントの日本語化に取り組まれていました。

翻訳プロジェクト: https://github.com/japan-clojurians/clojure-site-ja 上記プロジェクトの翻訳済みサイト: https://japan-clojurians.github.io/clojure-site-ja/

micro:bitとClojureScriptの連携

f:id:asukiaaa:20180614120032p:plain

ble通信が出来るmicro:bitというプログラミングボードがあります。

ClojureScriptでnodejsのパッケージを利用したble通信プログラムを作成し、PCからmicro:bitを操作されていました。

次回予告

次回は10月15日の実施を予定しています。 イベント管理システムのcompassで告知しますので、ぜひ予め登録していただけるとイベントの案内が届きます。

Clojure言語にご興味ある方はぜひ遊びにいらしてください。

halake.connpass.com